実践編1:ルート取得

バージョンを上げる

前提
ルート化が完了し、バックドアもしかけてある

続いて自分が使いたいバージョンへ上げる作業です。
バージョンダウンと同じ作業となるのですが、2つ違いがあります。

一つ目は、焼くビルドが異なること。(これは当然ですね、前回は4.0.2.A.0.58 を選択しましたが、今回は 4.1.B.0.587です。)
二つ目は、/data をWipe しないこと。

これは 「3:バックドアをしかける」ところで少し触れていますが、 /data に「罠(ウィルスの一種)」を仕掛けてあります。
つまり /data を洗い替えてしまうと、せっかくの罠がきれいさっぱり消えてしまいます。

このため画面右の 「Wipe:」の「/data」のチェックは必ず外してください。

40Flashtool1.PNG


これ以外は「1:バージョンダウンする」と同様です。


Fireware の書き換え後、起動したら(起動時間は長めです)バージョンダウンしたときの SuperUser アイコンを探してみてください。
消えてしまっているはずです。

続いては仕掛けたバックドアをを使って消えたルート権限を取り戻します。


LINK